【辛味成分の合成メカニズム】カプサイシンの生合成経路

カプサイシンの生合成は胎座・隔壁で行われる  唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは、果実内の胎座(たいざ)・隔壁(かくへき)という組織の表皮細胞で合成されることが明らかにされています(一部の激辛品種では果肉でも合成されて … “【辛味成分の合成メカニズム】カプサイシンの生合成経路”の続きを読む

【唐辛子の品種改良】種なしピーマンとは?どうやってつくるの?

種なしピーマンって何?  種なしピーマンとは、その名の通り、果実内に種子が全く無いピーマンのことで、横浜植木株式会社が世界で初めて開発した「タネなっぴー」という品種が有名です。 https://www.yokohamau … “【唐辛子の品種改良】種なしピーマンとは?どうやってつくるの?”の続きを読む

【唐辛子の科学】栽培環境と辛味変動の関係

トウガラシの辛味は栽培中の環境で大きく変化する  トウガラシの辛味の強さは品種によって大きく異なりますが、同じ品種であっても、栽培環境の変化で辛味が大きく変動してしまうことがあります。これは、トウガラシを栽培したことがあ … “【唐辛子の科学】栽培環境と辛味変動の関係”の続きを読む

唐辛子の「房成り」は劣性形質・メンデルの法則で遺伝する

「房成り着果」は複数の果実が束状につく形質  「鷹の爪」や「八房(やつぶさ)」の果実の付き方に着目すると、上写真のように、複数の果実が束状になってついています。これは「房成り着果」と呼ばれ、見た目が華やかであることから、 … “唐辛子の「房成り」は劣性形質・メンデルの法則で遺伝する”の続きを読む

【唐辛子の不思議】鷹の爪にみられる「房成り着果形質」とは?

唐辛子果実のつき方には「房成り」と「節なり」の2種類がある  「鷹の爪」の果実のつき方を観察すると、上写真のように、枝の先端で果実が束状になっているのが分かります。これは、いわゆる「房成り」と呼ばれる着果形質のことで、1 … “【唐辛子の不思議】鷹の爪にみられる「房成り着果形質」とは?”の続きを読む

品種改良に重要な唐辛子の雄性不稔形質とは?

雄性不稔形質は「おしべ」や「花粉」ができない形質  雄性不稔形質(ゆうせいふねんけいしつ)とは、花器官の「おしべ」が形成されない、あるいは「おしべ」が形成されたとしても、正常な花粉が形成されない形質のことです。トウガラシ … “品種改良に重要な唐辛子の雄性不稔形質とは?”の続きを読む

【科学的に徹底解説】唐辛子果実内のカプシエイト合成メカニズム

カプシエイトは唐辛子由来の機能性成分  近年、カプシエイトの入った健康サプリメントをよく見かけます。カプシエイトはトウガラシの辛味成分の一種で、皆さんの良く知っているカプサイシンと同じ仲間です。カプシエイトにはカプサイシ … “【科学的に徹底解説】唐辛子果実内のカプシエイト合成メカニズム”の続きを読む

【唐辛子の進化学】なぜ唐辛子はカプサイシンをつくるようになったのか?

カプサイシンは唐辛子の進化の産物  トウガラシは南米大陸原産の野菜で、祖先はトマトと同じであった言われています。トウガラシとトマトが遺伝的に分化したのは、今からおよそ1900万年前であると言われており、誕生して間もないこ … “【唐辛子の進化学】なぜ唐辛子はカプサイシンをつくるようになったのか?”の続きを読む

【辛味の科学】トマトでカプサイシンは合成できるの!?

トマトはカプサイシンを合成することができるのか?  トマトとトウガラシは同じナス科の植物で、トマトはナス科ナス属であるのに対し、トウガラシはナス科トウガラシ属に分類されています。属は違えど、トマトとトウガラシは遺伝的にか … “【辛味の科学】トマトでカプサイシンは合成できるの!?”の続きを読む

「鳥の糞」と呼ばれるカンボジアの唐辛子

カンボジアには「鳥の糞」という名前の唐辛子がある  日本に「鷹の爪」という名前の唐辛子があるように、海外でも唐辛子のことを唐辛子以外の名前で呼ぶことがあるようです。今日はカンボジア全土で栽培されている「鳥の糞」という名前 … “「鳥の糞」と呼ばれるカンボジアの唐辛子”の続きを読む